news

news

【コラム】消費者契約法と保証委託契約

消費者金融大手アコムが、地方銀行など10社との提携ローンを滞納した利用者に対し、消費者契約法で認められた年14・6%を上回る遅延損害金を請求していることが24日、分かった。利息制限法では貸出金利の1・46倍(最高で年29・2%)の遅延損害金...
news

【コラム】全国貸金業政治連盟

「全政連」という存在をご存知でしょうか?これは全国貸金業連合会から派生した同業界と政界の関係を磐石なものとして貸金業界の発展を目指して2003年頃(だったと思います)に発足した連合会です。自民党の政治家へ政治献金をするなどの活動記録が広報さ...
news

【コラム】貸金業の規制強化に向けて

9月4日朝日新聞記事によると金融庁が自民党金融調査会に提出した貸金業規制法などの改正案の全容が明らかになったと報じられている。主要部分は上限金利を利息制限法の15%~20%に引き下げる。1人あたりの貸付総額を年収の3分の1以内に規制。貸金業...
news

債務整理の心理(コラム)

借金、特に多重債務で困っている、悩んでいる人は多い。 「借金返済のために今の給料じゃあいくら努力しても もう払い続けられない。」 「ああ、あのパチスロさえやってなければ・・・」 とにかく借りたはいいが返済に対する悩みは多いはずです。...
news

【ニュース】消費者金融大手7社が家計診断サイトを共同設立

家計管理診断チェック画面  消費者金融大手の7社が消費者が自らの消費行動や金銭感覚をチェックできるインターネットサイト()を開設した。  日本金融新聞社の調べによると、2005年の自己破産申請件数は18万4294件。 2003年をピ...
news

金融道を語る(コラム)

昭和40年代初頭、庶民金融として立ち上がった消費者金融業界。 現在では上場企業から銀行系のブランド企業など かつてのサラ金というイメージからはかけ離れたビジネス産業となった。 ①業界内での顧客情報交換。 既存顧客の利用データを有効活...
news

消費者金融業の 情報交換(歴史)

キャッシングを申し込んだことがあるだろうか? キャッシング会社では申込の際、必ず、「信用情報機関への登録」と「利用」を 申込者に対して同意を求める。 これは、申込者が、消費者金融やそれ以外の金融機関においてブラックリスト (古い言葉...
news

年度別自己破産件数の推移

1996年前後から急激に増加傾向にあった自己破産件数だが2003年をピークに減少傾向となる。しかし一方で民事再生の申請件数やグレーゾーン金利に対する過払い返還請求事件などが自己破産の天井感から増加傾向にあり消費者金融各社の利益を圧迫する状況...
news

【コラム】与信基準と出資法上限金利から見る取立て問題

大手消費者金融といえば上場企業もあり収益や総資産額などをみると一流企業…。しかし何故、取り立てに関する報道が発生するような業務現場が存在してしまうのか? 昭和29年、利息制限法と出資法が制定された。利息制限法については制定後の改定などは無...
news

【コラム】タイヤの溝

大手消費者金融では現状、主力商品の金利は25%~29%程度のものが多く、実際の貸し出しもこの金利帯が主力となっている。聞いた話だが一部の大手では金利が18%を主力として段階的な低金利商品で営業しても健全な企業運営が可能だそうだ。 話が...